事前の葬儀プラン

カテゴリ

カレンダー

2017年7月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最新記事一覧

2017年07月27日
頼れる葬儀会社を更新しました。
2017年07月27日
柔軟なサービス対応を更新しました。
2017年07月27日
最近の家族葬スタイルを更新しました。
2017年07月27日
お経をあげて安らかな眠りを更新しました。

千葉の家族葬で納得するための提案

突然の家族の不幸というのは言葉にできない感情を与えるものとなりますが、同時に悲しみの悲嘆を感じたままでいることもできず、すぐに葬儀の手配をしていかなければならないという現実があります。予期しないことであり、気持ちの整理のつかないままであり、しかも葬儀屋の業者を利用するということになると思わぬ出費ということになります。そのような時にはできるだけ費用を抑えること、そのために身内だけで行う家族葬を選ぶかもしれません。
千葉にはそうした家族葬を提案する業者があるのですが、その中でもできるだけ安くてしかもサービスの良い、あるいは評判の良い業者を選ぶことができます。それで業者を比較してみることができるかもしれません。
具体的にいくら必要になるのか、葬儀の方法や花のこと、棺桶を選ぶことなどに関しても費用が変わってきますので、その点においても交渉してみることができます。あまりに節約をし過ぎて質素過ぎるものになっても、ということもありますので、家族が相談して決めることができます。千葉の家族葬は実績がかなりあることと、業者としての経験が豊富であるということで、いろいろなケースがあることを説明してくれて、納得できる家族葬を行うことができるでしょう。

葬儀の前に見積書を確認

一般葬から家族葬(家族と親族のみ)、さらに一日葬(お通夜なし)、直葬(火葬のみ)へと葬式が簡素化する中で、葬儀会社と遺族の間で、葬儀サービスを巡るトラブルが報告されています。千葉県の消費生活センターからの情報として、葬儀会社から「葬儀を行う前に見積書がもらえず、火葬が終わった段階で請求書を見せられた」「本体の価格に比べて追加サービスが高額だった」といった料金に関する相談が目立っています。
千葉県の男性は、入院中の父が突然死亡した際、父親の遺体をマンションにある自宅に安置しようとしました。遺体を搬送するストレッチャーがエレベーターに入らないことを理由に葬儀会社から追加のサービス料を上積みされ、当初の費用より60万円増の140万円を請求されたという。近年増えている家族や親族だけで葬式を済ませる「家族葬」の相談も、千葉県の消費生活センターには寄せられています。
千葉県の50代女性は葬儀会社から「家族葬は割安なイメージがあるが、本体の費用に加えて、様々な追加料金が発生する」「会葬者(参列者)からの香典を考えると収支は一般葬の方が黒字になる」と延々と5時間以上説明を受けて、根負けして一般葬の契約をしてしまったといいます。これをうけて、国民生活センターは、希望の予算内で葬式を執り行う葬儀会社を事前に探しておくなど、葬式をとりおこなう前に十分な情報を収集するよう注意を呼びかけています。

Copyright(C)2017 千葉家族葬をスマートに行うためのお役立ち情報 All Rights Reserved.