最近の家族葬スタイル

カテゴリ

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

増える家族葬の需要

千葉には多くの葬儀業者がある中、家族葬を実施してくれる業者も多いのが特徴です。千葉の家族葬は、リーズナブルな金額で利用できるだけではなく、丁寧なスタッフが丁寧に対応してくれる事が多いです。時間を気にすることなく、依頼者が望んでいる家族葬を行えるように対応したり、依頼者のニーズに応えられるように努力してくれます。
その為、千葉で家族葬を行っている業者の多くが高い評価を獲得しており、リピーターとして利用するケースも少なくありません。利用するだけではなく、相談も積極的に行っていて、気軽に葬儀の事を話せるサービスも実施しています。その他にもアフターフォローなども充実しており、遺品整理や香典に関する問題なども柔軟に対応してくれる葬儀業者も多くなっています。
個人情報の取り扱いにも厳重な注意を払っており、むやみやたらと第三者に情報提供したり、情報漏えいしないように気を付けています。トラブルやアクシデントも少なく安心して利用する事ができるようになっているのが千葉の葬儀業者です。その中でも支払うお金を少なくできるように千葉の家族葬は、高い人気を誇っています。スピーディーに葬儀を実施する事ができるのも高い評価を受けている一つの要因です。

住宅展示場で葬儀

千葉県にある葬祭サービスの提供するある会社は、住宅展示場のモデルハウスを葬儀場に改装して、住宅型の「家族葬」をするサービスをしています。千葉県では、少人数の家族や親戚による、小さなお葬式である家族葬を希望する遺族の需要があるからです。これは、残された遺族には、会葬者(参列者)への煩雑な対応を省略するとともに、経済的負担を軽減したいという思惑があるからです。
1991年のバブル崩壊以降、日本ではデフレが深刻化して、日本人の貧困化が進んでいます。そのため大きな葬儀をする余力はもはやないのです。モデルハウスを改装したものですから、台所や寝室を完備しており、宿泊も可能です。こうして、家族葬を自宅で行う感覚でとりおこなうことができます。この会社は、戸建てモデルハウスを買い取り、住宅型家族葬ホールに改装しました。ダイニングルーム(食堂)や和室の床の間を改装して祭壇を設置しました。
もともと住宅の見本であるモデルハウスなので2階のベッドルームなどを使って各棟で最大10人が宿泊できます。自炊も可能です。2泊3日で宿泊費を入れて、お通夜、葬儀、告別式セットの料金が60万円弱。この会社の担当者は、核家族化によってバラバラになり、久しぶりに顔を合わせることになった兄弟姉妹や親戚と一緒にゆっくり故人の旅立ちを見守ってもらえるサービスをするのが目的だと話しています。

Copyright(C)2017 千葉家族葬をスマートに行うためのお役立ち情報 All Rights Reserved.